仮想通貨情報のコインハック[Coin-Hack]

【仮想通貨情報】注目のアルトコインやICOを紹介

Read Article

BANKERA(バンクエラ)って儲かる?実際の1回目の配当額を公開

BANKERA(バンクエラ)って儲かる?実際の1回目の配当額を公開

BANKERA(バンクエラ)のプレICOがハードキャップの25億BNKを達成しましたね(ノ´∀`)ノぉめでとぉ!ハードキャップ達成でただの注目ICOではなく、しっかりとお金が集められる信頼に足ると判断した投資家が多いプロジェクトということが証明されたのでは無いでしょうか。BANKERA(バンクエラ)として幸先の良いスタートが切れたのは間違いありません。

ただ、次のICOでどれだけ売れるかが重要ですが。。。

そんなBANKERA(バンクエラ)ですが、もちろん管理人も参加しましたので、その状況を報告をしてきたいと思います。また、これからBANKERA(バンクエラ)のICOに参加することを検討する人も参考にしてください。

BANKERA(バンクエラ)のBNK(バンカー)トークンは所有するだけで配当がある

そもそもBANKERA(バンクエラ)の配当って何?という人の為に簡単に説明すると、BANKERA(バンクエラ)が1週間に1回、ユーザーが所有するBNK(バンカー)トークンの量に合わせて、イーサリアム(ETH)をくれます。

肝はイーサリアム(ETH)が配布されるため、長期的な視点で確実なイーサリアム(ETH)の値上がりも期待できます。

利益の配分方法に関しては公式サイトを見た方が分かりやすいので、下記に引用をしておきます。

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。これはバンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。

引用元:https://bankera.com/index-jp.html

ちなみに配当の1週目は配当の遅延などでバンクエラの゙純取引利益の100%がバンカートークン各保有者に配布されるというボーナスもあったようです。

更に詳しいBNK(バンカー)の詳細はこちら

BANKERA(バンクエラ)の配当って何%?

配当があるといっても重要なのはいくら?という話だと思うので、その配当状況を報告したいと思います。ちなみに管理人は2017年9月9日からプレICOに参加してので、1週目の配当が終わった後でした。。。。2週目からの配当結果を記載しますね。

2017年9月9日

ビットフライヤーにプールしてあった1.35イーサリアム(ETH)を、SPECTROCOINに送金してBNKへ交換。約50,000BNKを入手。約5万円で50,000BNKを入手した形ですね。

2017年09月13日

配当のイーサリアム
ここで初配当!0.00133イーサリアム(ETH)がSPECTROCOINに反映されていました。1イーサリアム(ETH)をざっくり30,000円で計算すると

約40円

1年間を52週と計算すると年間の収益は

2080円!

料率は約4.1%!

まぁがぜん銀行の利率よりはいいですね。

しかもイーサリアム(ETH)はメトロポリスなどの今後のアップデートで現状の価格より値上がりする可能性が高いと考えています。

こちらからBANKERA(バンクエラ)の配当まとめをチェックできます。

BANKERA(バンクエラ)は次いつ入手できる?

プレICOは無事ハードキャップを迎え終了しました。次の本番のICOは10月中に予定になっていますが、詳細の日程は未だ公式アナウンスされていません。

ちなみにBANKERA(バンクエラ)のICOの参加方法の詳細はこちらにも書いていますので、気になる方はチェックしてみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを送信

*
*
* (公開されません)




Return Top